2017/12

<< December 2017 | 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


HOME SITE

インズヤンズ梟城

PROFILE
LATEST ENTRIES

 

CATEGORIES

 

ARCHIVES

 

RECENT COMMENT

 

RECENT TRACKBACK

 

LINKS

 

ADMIN

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark


大晦日

まったくブログを更新しないうちに、今年が終わろうとしている。

なんという体たらく。

来年はまず、梟城ブログを立て直していこうと思っています。

ですので、またサイトの方も覗いていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。


それでは、

今年の締めくくりとして、

今年後半、YOUTUBEで観た

衝撃的だった曲、面白かった曲、とても感動した曲を

個人的な紅白歌合戦のつもりで順番に貼っておきます。

最初の曲のボーカルはまだ10代の女の子。末恐ろしい、、。





今年一年、白崎茶会にご参加いただきました皆様
ありがとうございました!


どうぞ良いお年をお迎えください。


あるある

昨日、スーパーの菓子コーナーを通りかかったら
「豆乳で作ったビスケット」というのが目に飛び込んできたので
「もしや!」と思わず手に取って裏の材料表示を見たら、
マーガリンと脱脂粉乳が入っていました。
ま、そりゃそうか、。一瞬期待してしまった自分がバカだった。
こんなの「市販菓子あるある」なんでね。
世の中、目的のわからない市販菓子だらけですよ。
乳アレルギーの子供が間違えて食べたらどうすんだろ?
「豆乳とマーガリンと脱脂粉乳で作ったナンセンスビスケット」
みたいな商品名に変えてほしい。


ちなみにこれは「手羽あるある」。

 

面白すぎる。

ついでに本家バービーボーイズも貼っておきます。

 

久しぶりに見たんですが、ボーカルのKONTAってこんな感じでしたっけ?
ものまねより、なんか激しい、、。
当時の僕は、もちろんバービーボーイズにはまったくはまらず、
BOWYにもブルーハーツにもユニコーンにも一連のイカ天バンドにもはまらず、
断然レピッシュ派。 

 
 

 

シャレてて面白くてカッコいい。そんな感じ。
でもレピッシュって思いの外聴いてた人が少なくて残念。
なんで売れなかったのかわからない。前にもブログに書いたけど。
ボーカルのマグミにもう少し声量があれば違ったのかな?
奥田民生ほどの声量があれば。
ユニコーンとか、確実にこの人たちの影響受けたんですがね。


関係ないですが最後にこれも。
めちゃめちゃ面白い。秀逸です。


GAIAでイベント!

レシピ本の撮影がようやく終わりました。


今回も、寺澤太郎さんの写真の力強さを実感した撮影となりました。
完成が待ち遠しいです。

ちなみにレシピ本のタイトルは

LIFE3
〜ごはんのようなタジンポットでスチームケースでホームベーカリー〜(仮)

となっています。
発売は来年になりますが、皆様どうぞよろしくお願いします。


さて、撮影の次はイベントです。
11月6日〜26日まで、
オーガニックブックスみみをすます書店主催
「にっぽんのパンと畑のスープ」展が
GAIAお茶の水店にて開催されます。
この間、寺澤太郎さんの「にっぽんのパン〜」写真展も開催され、
11月11日には白崎裕子のお話会なども行います。

また、寺澤さんは11月の27日、28日に
「寺澤太郎 肖像写真館」も開催するようです。


レシピ本のタイトルはまったくのデタラメですが、
GAIAでのイベントはちゃんとした情報です。
よろしくお願いいたします。


にしても、水嶋ヒロ。
新しい形のスターの出現なのでしょうか?いや、そうであって欲しい。
日本のタレントは影響力のある人ほど社会的発言ゼロなんで、
こういう人が出てくると嬉しくなりますね。
家ではいつも絢香と深い話をまったりとしてるわけだから、
どうでもいいようなドラマには出てられませんよ。小説書きたくなりますよ。
個人的には、好きな俳優、窪塚洋介にも続いてもらいたいですね。
窪塚は逆にもっとドラマや映画に使われるべき。



同じ世代


最近、蓮舫と同じ歳だということに気づきました。
と、今よく調べてみたら蓮舫の方が1つ上でした。

良かった年下で。 
良かったのか?

ま、同じ世代に変わりはない。

昔、蓮舫がこの人と同じマンションに住んでいたので
たまに見かけたことがあったんですが、
まさか将来、大臣になるなんてねぇ。

同じ世代の代表が蓮舫。 

微妙だ。 

ちょっと前は野茂とか武豊だったんだけど。


秋だな。
秋はどうしてもこの曲を思い出してしまいます。


急募!サブアシスタント


突然ですが、
インズヤンズ梟城からのお知らせです。

海辺のオーガニック料理教室「白崎茶会」
サブアシスタントを2名募集します!

まずは助手の下についてもらいますので、
年齢は助手より年下の25歳以下とさせていただきます。
また、電車賃などの支給がございませんので、
葉山近辺にお住まいで、自転車や歩き、走り、キックボードとかで
通勤出来る方とさせていただきます。
逗子、鎌倉、横須賀辺りまででしょうか、、

週1〜2回程度のお仕事です。

アシスタント料は気持ち程度ですが、
教室の準備、片付け、洗いもの、計量などをやりながら
教室の中身をチラ見しつつ、
まかない食(教室の残り物)を食べることが出来ます。
あわよくば、余ったレシピプリントを持ち帰る事も可能です。
また、メインアシスタントから、的確かつザックリとしたアドバイスを
受けられます。

今後、随時募集、面接を行い、
2名決定した時点で終了とさせていただきます。

一応、志望動機的なものを少しお書き添いの上、
コチラのお問い合わせフォームよりご応募お待ちしております。
(葉山の白崎茶会開催場所へいきなり訪ねて来るのはご遠慮ください。)

どうぞよろしくお願いいたします!

    
          インズヤンズ梟城管理人




入江雅人グレート一人芝居観劇


観てきました、入江雅人グレート一人芝居「マイバニシングポイント」。

なんと7年ぶり!
感想は、、

「グレート一人芝居」と銘打って文句なしの内容と満足感!

今回、僕は初めて参加しなかったんですが、
入江さんがやりたいことをやりたいようにやりたいだけやっている舞台。
まさにそんな感じでした。僕は終始ニヤニヤしながら観劇。
もともと僕は、入江さんが舞台上でゴチャゴチャやりだすと
ニヤニヤが止まらないんですよね。

本番前の楽屋での入江さんの一言「俺、頑張ったよ。」
にはつい笑ってしまったんですが、
観終わったあと、その頑張りは相当な頑張りだったことに
気づかされました。よくやりましたよ、入江さん。
なので、年末に梟城のメンバーを集結させ、
「第一回入江雅人を囲む会」を開催し、
入江雅人の今年一年の労をねぎらうことに今決めました。
入江さん、そのつもりでよろしくお願いします。

お客さんの入りとか、そのへん少々気がかりでしたが、
観劇したそうそうたる演劇人の方々の「面白い!」というツイッターでの
つぶやき効果もあり、結局どの回も満席になったようです。
ツイッターって凄いんだなあ。やってみようかな、。やらないな俺は。

個人的には、一人芝居の会場でこの人と7年ぶりくらいに再会。
てことは、前回の一人芝居の時に会った以来?
がしかし、全然変わってなくてびっくり。
この人は現在、コント作家番付の横綱、それも東の正横綱でしょう。
僕は若い頃、大関くらいだと勝手に思ってましたが。
今でこそ僕は逗子あたりをウロウロしてますが、
初めて湘南に足を踏み入れたのは20年近く前、この人の運転で
ユーミンの逗子マリーナでのコンサートに連れて行ってもらったのが最初ですから。
男二人でユーミンのコンサートを観たわけです。
そんな話も含め、積もる話がいろいろあったのに、逃げるように去って行きました。
次はいつ会えることやら。

さて、グレート一人芝居。
今後定期的にやり続けることによってまた以前のように動員は増えていくでしょう。
入江さんのお客さんはリピート率が高いので。
今年もう一回やればいいと思います。オール新作で。
で、年明けすぐにもう一回。オール新作で。
ま、それは無理ですが、、。

来年も是非「入江雅人グレート一人芝居」やらないといけません。
間が空くと今年やった意味まったくないですから。
この方向でどんどん行くべき!
入江さんの事務所の人たち(上の方の)に声を大にして言いたい。
次は僕も参加したいので、入江さんそこんとこよろしくお願いします。
あと、入江雅人を囲む会も。




入江雅人グレート一人芝居


今日31日から、

入江雅人グレート一人芝居「マイバニシングポイント」が始まります。

どうやら出来が良さそうですので楽しみです。

当日券も出るようですので、是非赤坂までお足をお運びください。


7年ぶりの一人芝居!

残暑の厳しい中途半端な日程での開催!

乞うご期待!


とりあえず「神聖かまってちゃん」を貼っておきます。
客入れでこれがガンガンかかります。(僕の勝手なイメージ)



夏に観た映画


今年の夏は
エアコンのない暑い部屋でむりやり映画を数本観てみました。
ケーブルテレビでやってたやつです。

まず、松山ケンイチ主演の「ウルトラミラクルラブストーリー」。
観るんじゃなかった。脚本がひどい。無駄なシーンが多い。
松ケンが出ているのにこんなに退屈な映画があるなんて、、
こういう映画を観ると、誰でも映画が撮れるんじゃないかという
錯覚に陥ってしまう。
観た時間を返して欲しいとさえ思いました。


次は「リアル鬼ごっこ」
今さら観ました。
面白かった。非常に。
おすすめです。今さら。


次は、「パコと魔法の絵本」。
面白い! 演出が素晴らしい。
相変わらず役所広司が素晴らしい。
ほぼ文句ないんですが、
劇団ひとりの役だけキャンスティングミスだったと思います。
劇団ひとりだといまいち深みがなく、感情移入出来ませんね。
ポイントとなる役どころだけに残念。
大倉孝二君だったらベストだったと思います。
ただ、阿部サダヲがいなかったらこの映画撮れなかったのでは?とも。
そういう阿部サダヲありきの映画や舞台が多い様な気がします。
恐ろしい役者ですよ、阿部サダヲは。
タイトルだけ見たら子供向け映画のようですが、
大人が観る映画です。それは損してる気がします。
元になった舞台版より映画の方が断然面白いんじゃないでしょうか。


映画といえば、どうしても年に2、3回
「ライフイズビューティフル」の様々なシーンを思い出してしまい困ってます。
な〜んか、ふと思い出してしまうんですよね。
映画は非の打ち所がない完璧な作品なんですが、なんせ悲しすぎるので
もう二度と観ることはないと思います。
死ぬ直前になら観てもいいんですが、
死ぬ直前に果たして映画を1本観る余裕があるかが疑問。
この映画を何回も観たという人とは友達になれないような気がします。
この歳になって友達を作ろうとしているのもどうかと思いますが、。
いや、いいんだよ。この歳で友達作っても!


さて、
こちら映画ではございませんが、
訳あってとんでもなく中途半端な日程で開催される
土、日公演なし!おかしい、それは!
にしても、「グレート一人芝居」ってすごいですよね。
だって見終わって、グレートな一人芝居じゃなかったら
どうするつもり?
さすが入江さん、覚悟が違います。

まだチケットはあるようなので、お暇な方もお暇じゃない方も是非!


真夏の一秒


連日暑いですね。

夏の暑い日にはこの曲をおすすめ。

マッチ「真夏の一秒」

ほとんど歌詞覚えてます。ベストテン世代って凄いな。
完璧なマッチカットを久しぶりに見ました。
こういう髪型、もう一回流行らないかなぁ、、。無理か。

ところで、毎年夏になると、うちの助手が出稼ぎで
森戸海岸の海の家「オアシス」の厨房で働いています。

お暇な方はちょっと覗いてみて
うそ注文とかして困らせてください。
「セイタンキノコ丼みっつ!」とか。
よろしくお願いします。



おっと、あさって24日(土)はいよいよ
入江雅人グレート一人芝居のチケット発売日。

今から18年くらい前に行われた初めての入江雅人一人芝居では
チケットは数十分で完売。公演中は当日券を求むお客さんが
芝居小屋を一周してしまうほど並んでいたのを思い出しました。
しかもこの時、入江さんはどこの芸能事務所にも所属しておらず。
ただただ個人の力で、ものすごい集客力があったんですよね。

その時の初日公演終了後、入江さん初の一人芝居の成功を
まるで自分のことのように感動した出川さんが、
「俺に食事をおごらせてくれ!」と、
入江さんと僕に食事をおごってくれたのでした。
熱い人です、出川さんは。だから体型を元に戻してほしい。
もっと長生きしてほしい。

話が逸れましたが、
入江雅人グレート一人芝居「マイバニシングポイント」
よろしくお願いします。
どうやら、最終日の特別プログラムにはバカリズム君も出るようです。



演劇を観よう。

久しぶりの更新となってしまいました。
今大流行のブログやめたい病にかかってまして
まったく更新出来ませんでした。
ツイッターやってるわけでもないのに。

ですが、どうしても書かなければいけない出来事があったので再開します。
これをきっかけにまたポツリポツリと書いていこう。

まず、入江さん出演の舞台が今日から始まったようです。
演劇好きの方、是非観に行きましょう。
演出家(河原雅彦氏)が才能ある人なので、面白いと思います。


そして舞台といえば、もう随分時間が経ってしまったんですが、
「劇団SHALALA」の実に12年ぶりの舞台

ウッチャンナンチャンの参加だと、なんと18年ぶり。
僕は20代の頃、このSHALALAに、この人と一緒に主に演出補のような、
なんだかよくわからないような立場で関わっており、
確か、オムニバスの1本を書いたこともありましたが、遥か昔のことなので
内容はほとんど覚えていません。

そんなSHALALAが12年ぶりに復活したということで、
今回は稽古場に行こうと決意していたんですが、
なぜか公演日程を勘違いしており、
入江さんのブログを読んで公演前日だということを知り、(本当です)
結局は稽古場に行けず終い。
慌てて入江さんにチケットを頼みました。
入江さんはこの公演で作・演出・出演を担当。

舞台終了後だと、楽屋が関係者でごった返すので
開演前に楽屋に来るように言われていたので、
開演一時間ほど前に楽屋を訪ねることに。

楽屋入り口でおそらく12、3年ぶりだろう内村さんと再会。
最後にお会いしたのはこの人の結婚式だったような、、。
がしかし、なぜか懐かしさがない。
数秒ほどで、自分が20代の頃、四六時中一緒にいた時と同じ感じに戻っている。
不思議だ。
毎週、テレビで「スクール革命」を見ているからか?(今、唯一テレビで見ている番組)
うちの娘に「スクール革命をよく見てることをウッチャンに伝えて欲しい。」
と言われていたので、それを伝える。ちなみに内村さんの奥様は僕と同郷(石川県出身)。
白崎茶会に来て欲しい。それも伝える。

楽屋奥にいた南原さんに「レシピ本ありがとう。」と言われる。
そうだった。先日、この人に内村さんと南原さんに渡して欲しいと
「にっぽんのパンと畑のスープ」を送りつけていたんだった。
ちゃんと渡してくれていたことにホッとする。渡してないと思っていたから。
この人のブログはアクセスがかなり高いので
「ブログでレシピ本を紹介して欲しい」と頼んだにもかかわらず、無視されている。
ひどい人だ。(相変わらず 笑)
ま、僕の方もこの人には若い頃にお金を借りたまま返していない経緯があり、
あまり無理は言えない。(すいません、必ず返します。)
南原さんには息子の写真を見せてもらった。奥さん似ですごく可愛い。

そして、出川座長の体型を見て絶句。よ〜く見てみて、さらに絶句。
が、何か言わなきゃヤバイと思い、「このままじゃ死にますよね?」と言ったものの、
体の至る所に包帯を巻いている満身創痍の体を見て、
僕がとやかく言うべきではないところまで上り詰めているんだなと妙に納得。


そしていよいよ本番!
が、、、なんせ始まったとたんから、SHALALAの思い出の断片が
次々と蘇ってきたため、全然舞台に集中出来ない。
いろいろと思い出しているうちに舞台が進んでいくという。笑
で、男性陣5人全員が舞台に揃ったのを見ては感動し、
7人全員揃ったのを見てはさらに感動し、全然ダメ。
だから、あれですよ、12年もやらなかったのがいけないんですよ。
全員揃うと18年ぶりって、そんなのありえないですね。

観劇後、楽屋でSHALALAの皆さんから
「どうだった?」と聞かれたんですが、
「良かったです。」としか答えていない。
だって話の内容、7割くらいしか覚えてないので。

ただ、ひとつだけ自信を持って言えることは、
内村さん、南原さん、出川さん、入江さん以外の3人、
ARARIさん、仁井田さん、朝山さんが、演じ手として現役でないにもかかわらず、
まったくブランクを感じさせない自然で素晴らしいお芝居を演じてたということです。
ARARIさんに至っては見た目なんかも昔より艶っぽいほどで、
シャララ全体のビジュアルをグッと引き締めていたようにも。
この三人が良かったので、シャララは今後も続けていくべきだと思い、
それだけは入江さんに伝え、ごった返している楽屋を後にした。

そういえば、、芝居のエンディングに、この手の芝居ではまず使わないであろう
ユニコーンの曲をあえて使っていたのが入江さんらしく、
再結成への熱い思いとリンクして、グッとくるものがありました。
客席にどのくらい届いていたんだろうか?
あそこで普通ユニコーンはタブーだけど、入江さんなら使いますね。

楽屋を出るのが名残り惜しく、
「稽古場に顔を出せば良かったなあ、、」と思いながら帰りの電車に乗った。
そんなことをずっと考えていたら逆方向の電車に乗ってしまい、
逗子に向かうはずが、気付いたら板橋だった。
「次回の公演があるのなら、稽古に参加し、
 いつもそうだったように本番中は楽屋に一番乗りしよう。」
と誓った夜だった。板橋で。


最後に、、
入江さん、ご苦労様でした。(ていうか、今更ですが)
今回、入江さんが、珍しく出来に自信を持っていたので、
それがなによりでした。
そういえば、白崎茶会の生徒さんから、今回のSHALALAの公演を見たというメールを
何通かいただきました。
たった5分で完売したチケットをどうやって手に入れたんでしょうか?
すごいです。


さて、次は8月末からの「入江雅人グレート一人芝居」
タイトルはどうやら「マイ バニシング ポイント」
(どうでもいいような良いタイトルだ。)
今回、僕は参加しませんが、初めて入江さんと僕以外の方にも
入江さんの一人芝居を書いてもらうということで、それが楽しみでしょうがありません。

梟城でもガンガンに盛り上げていきます!






(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. 
designed by ホームページ制作 Tip3's │無料WEB素材 --Design-Warehouse--